SPI検査を効率的に対策する3つの方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPI検査を効率的に対策する3つの方法

SPI検査は決して難易度の高いものでありません。
ですからSPI検査の対策としても、効率的に勉強して、就活全体で上手く時間を使えるようにすることがとても大切なのです。
そこでここではそんなSPI検査に対する効率的な対策方法を紹介します。以下でみていきましょう。

SPI検査対策1,アプリを活用する

learning-164331_960_720
SPI検査の対策としては、まずはアプリを活用することがオススメです。
このご時世、就活のSPI検索対策のアプリなんてたくさん出ています。
それらを利用して空き時間に勉強をすることができれば、嫌でも効率的に勉強していけますよね。
ですから、アプリを利用してSPI検査の対策をしていくというのはとてもお勧めなのです。

●アプリを使ってスキマ時間を効率的に使おう!

SPI検査というのは、一度は勉強した内容になります。
ですから、わざわざ参考書を買ってがっつり毎日何時間も勉強しなくても、こうして隙間時間で記憶を取り戻すようにすれば、自然と良い得点がとれるようになっていくのです。
勉強がとても苦手だというのであれば話は別ですが、そうでないならまずはアプリから始めると良いでしょう。

SPI検査対策2,新聞を毎日読む

とはいえアプリだけでは対処できないこともあります。
それがSPI検査で出る、長文問題です。
SPI検査の長文に関しては本文を読むスピードというのもとても大切になりますし、どうしてもアプリだけでは対応しきれない部分であると言えます。
そこにしっかり対処して行く為に、毎日新聞を読むようにしてください。

●長文に慣れるだけでなく時事問題にも強くなれる!

新聞を毎日読むことで、自然と時事問題にも強くなれるということがあります。
時事問題はSPI検査を採用している企業でもそれ以外の企業でも突然出されることがありますしし、面接などで問われる可能性もあります。
ですから、SPI検査の対策をしつつそれに対処できるというのは、とても効率的で良いことだと言えるのです。毎日新聞を読むこともとてもオススメです。

SPI検査対策3,インターネットを利用する

本番のSPI検査2週間前前までは対策はそれくらいで十分です。
ただ、2週間前になったら、パソコンを利用してネット上の問題を解いたり、仮想SPI検査の模擬テストを受けるようにして、より知識を詰め込んでいきましょう。
それくらい一気に駆け込んでもアプリなどでしっかり思いだせている知識なので、しっかりと定着していきます。

●2週間前から毎日1時間くらいの配分がベスト!!

2週間前からのパソコンを利用した勉強も、毎日1時間くらいで十分です。
模擬テストをやる日はそれを超えてきてしまうかもしれませんが、基本的にはそれくらいで十分だということは覚えておいてください。あんまりやりすぎても効率が悪くなるだけですので、やりすぎるということは避けた方が良いでしょう。

SPI検査は毎日1時間位の勉強とスキマ時間を利用するだけで対策になる!

以上、SPI検査に対する効率的な対策方法のご紹介でした。
就活では時間を上手く使える人が勝利します。
内定をとるためにすべきことはたくさんありますが、時間は有限ですから、それも仕方ないことなのです。ですからこうしてうまく時間を使っていくことはとても大切なのです。