SPI模試を有効活用する方法とは | 新卒就活.com

2016/09/13更新

SPI模試を有効活用する方法とは

SPI模試を有効活用する方法についてお教えします。
SPI模試を有効活用するにはどうすればよいのでしょうか。SPI模試を有効活用することができれば就職活動をスムーズに進めることができますよ。
ぜひ、SPI模試を有効活用する方法をおさえておきましょうね。

SPIテストの重要性とは

books-690219_640

企業の採用試験でよく導入される筆記試験にSPI試験というものがあります。この試験は性格診断と適性検査の2つに分かれており、特に適性検査に関しては点数が低いとその時点で足きりされてしまう可能性が高くなります。

~足きりされないためにも対策は必須!!~

性格診断は自己分析などを用いて自分自身の性格を分析すれば対策は可能です。
しかし、適性検査のほうは勉強をして対策を行ったとしても実際にどれくらいのレベルに達しているのかが不透明なため、そのまま本番に臨むのは不安があると言えるでしょう。
そのような場合に利用するのがSPI模試で、SPI模試を利用することで自分のレベルが他の就活生に比べてどれくらいなのかを判断する材料となります。

SPI模試の結果を受け入れること

SPI模試は主にインターネットなどで就活応援を行っている就活ナビが主催で行われることが多く、ナビの数だけSPI模試もあると考えたほうが良いでしょう。
一つの就活ナビだけではなかなか自分のレベルが判断できにくい場合もありますから、複数のSPI模試を受験してみるのも重要なポイントだと言えます。

~悪い結果が出ても対策不十分だと考えて勉強すること~

SPI模試は一定期間定期的に行われていますから、何度も利用することが出来ますが、重要なのはSPI模試の結果をしっかりと受け止めることが出来るかどうかということです。
SPI模試によっては全国での自分のランクが出るものもありますし、平均点なども発表されます。
平均点まで達していない場合やランクが他の就活生に比べて低い場合、それはSPI対策が十分ではないと言うことを表していることになります。
SPI模試ででた結果を受け止め、更なる対策に活かすことが出来るかどうかがSPIを突破するために必要なことだと言えます。

定期的にSPI模試を受検するのが効果的

SPI模試は週ごととか数日ごとに開催されている場合が多く、それを定期的に受験することで自分のレベルがどれくらい上がっているのかを把握することが可能になります。
SPI模試は過去の模試の問題なども自由に利用できる場合が多いため、その問題を利用して対策を行うと、更に本番のSPI突破率を高めることが出来ると言えます。

~自分の苦手分野をしっかりと把握すること~

SPI模試を受験した場合、詳しい回答結果が送られて来ますので、自分の弱い部分がどこなのかを知ることも可能となるでしょう。
その弱い部分を特に入念に対策すれば、SPI模試での点数も上昇しますしから、SPI模試は自分の苦手な分野を知ることもできるためとても有効な手段だと言えます。

SPI模試で良い成績でも本番には注意!!日ごろから精神面も鍛えること

SPI模試を利用して良い成績をコンスタンスに出すことが出来るようになっても、本番でのSPIテストが好成績になるとは限りません。
これはSPI模試は本番とは違い、あくまでも模試のため失敗しても大丈夫という気持ちがどこかに必ず芽生えてしまうためです。
本番のSPIテストはやり直しの効かない一発勝負ですし、精神的プレッシャーもSPI模試と比べるとまるで違うものとなってきます。そのため失敗したらどうしようと言う精神的な不安が正常な判断を失わせてしまう恐れもありますので、SPI模試の段階からこれは模試ではなく本番のSPIだという気持ちで臨むようにしておく必要があります。
本番で失敗しないためにも、冷静でいられる精神状態をキープできるよう、日頃から精神面もきたえておくようにしましょう。