SPI試験で出題される問題の傾向について | 新卒就活.com

2016/09/01更新

SPI試験で出題される問題の傾向について

SPI試験で出題される問題の傾向についてご存知でしょうか?
もちろん企業や業界によっては多少変わってきますが根本的なところは同じです。
SPI試験とは一体どういった種類の試験があるのか、どういった対策が必要となるのか。そんな疑問をここで解消していきましょう!

そもそもSPI試験とは?

woman-213723_640
就職活動を進めていく上で、かなり高い確率で受けることになるのがSPI試験です。
しかしそもそもSPI試験とはいったい何なのか?どんな問題が出題されるのか?今回はSPI試験やその問題についてご紹介します。

●SPIには性格・能力検査の2種類がある

そもそもSPI試験とは、日本国内の就職活動において最も採用されているテストとなってます。
正式にはSPI総合検査と呼ばれ、リクルートマネージメントソリューションズという会社が提供しているテストです。
SPI総合検査では、能力と性格の2領域を検査するものとなっています。
就職活動生はこのSPI総合検査を受ける確率が非常に高く、十分な対策が必要となっています。

SPIの適正テストに関する基礎知識

まず、SPI適性検査の適正テストに関しては、テストと言いつつその人の人物像を明らかにすることが的となります。
そのためこの問題にはこう答えるのが正解だろうと考えて問題に答えていると、虚構性があると判断されます。
つまり嘘つきであるとみなされ不合格となってしまうのです。

●正直に回答することが一番!

問題は、「あなたは引っ込み思案なほうですか?」や、「あなたは人とコミュニケーションをとるのが苦手ですか?」というような質問に、イエスかノーで答えていくという形式になります。
そのため、SPIそう総合検査の適性テストでは、各問題に直感的に答えていくことが大切です。
この試験では正直に答えることが大前提ですので、嘘をつくことは決してしてはいけません。

SPIの能力検査に関する基礎知識

SPI総合検査の能力テストにおいては、高得点を取るほどに採用への可能性が大きくなります。
特に大手の企業に関しては、応募者が非常に多いためひとりひとり面接を行っている時間はありません。
そのため応募者を絞るためにSPI総合検査が用いられます。

●中学卒業程度レベルの問題が出題される!

SPI総合検査は一般的にテストセンターと呼ばれる会場にてパソコンで試験を受ける方法と、企業内にてパソコンやマークシートで試験を受ける方法、さらに自宅のパソコンで試験を受ける方法とあります。
テストセンターで試験を受けることが全体の7割を占めているので、ほとんどの場合がテストセンターにおもむいてテストを受けることになります。
能力テストの問題は基本的に、数学や国語をもとにした中学卒業程度レベルの問題が出されます

SPIは時間制限に注意!問題の傾向をつかんで対策を!!

SPI総合検査は、テストセンターで受ける場合と企業内で受ける場合、または自宅でうける場合とでは問題の内容が異なります。
またはテストを受ける人によっても問題が異なるのでしっかりとした対策が必要です。
さらに時間制限もあるので対策をしていないと時間切れとなってしまうこともすくなくありません。
SPI総合検査はしっかりと対策をとっていれば難しい試験ではないので、参考書等を買ってしっかりと対策をしましょう。

いいかがでしょうか?今回はSPI総合検査についてご紹介しました。
就活生にとってSPI総合検査は避けては通れない課題でしょう。
そのためしっかりと対策を取って、採用への足がかりにしてください。