SPI試験の時間を有効に使う3つの方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPI試験の時間を有効に使う3つの方法

SPI試験で失敗した人たちからよく聞くのが時間が足りなかったという意見です。
ですから、SPI試験を突破するためには時間を上手く使っていかないとならないのです。
SPIで時間を上手く使いながら問題を解いていくためには、ポイントがあります。以下でそのポイントをおさえてSPIを突破しましょう!

SPI試験で時間を有効に使う方法1,先に選択肢を見る

clock-943740_640
人はどうしても問題を出されるとと先に問題文を読んでしまいます。
しかし問題文を読んでから選択肢を見るようにすると、そこからさらに問題文を読まないとならなくなり、SPIの時間が足りなくなってしまうのです。
そうならないようにするためには、SPI試験では先に選択肢を見るようにするしかありません。
すると常に答えを意識しながら問題が見られるので、より正確に答えることもできるようになるでしょう。

●問題文を全部読まずに答えられるようになる!

さらにいえば、そうすることで問題文を全部を読まずに答えを出すことができるようにもなります。
答えを常に意識しながら問題文を読んでいるのですから、途中で「あ、これはあのことを言っているのだな」と言うことに気が付きやすいのです。
途中で気が付けばそれ以上読む必要はなくなりますよね。そうしてSPIの時間を短縮できるようになるのです。

SPI試験で時間を有効に使う方法2,計算問題は最後まで解かない

計算問題でも、同じように最後までやらずに問題を解くことが出来るようになるコツがあります。
それが、選択肢の下の方のケタを見るということです。そうすることで、最後の桁が間違っているものを選択肢から外すことが出来るようになります。
すると最後まで解かなくても解ける問題が出てくるのです。
そう解くことで時間を短縮することになり、SPIで時間に悩まされることも少なくなるでしょう。

●慣れが必要なので問題集で練習すること!

ただこうした解き方は、ある程度の慣れが必要です。
ですから、しっかりとこうした解き方が身体に染みつくように、SPIの本番に挑むまでに時間をかけて練習していきましょう。
慣れさえすれば、こうした解き方の方がスピーディーに解けることに気が付いていくでしょう。

SPI試験で時間を有効に使う方法3,解き方を覚える

SPIの非言語問題では、初めて見るような問題が出てくることはあまりありません。
ですから、しっかりと問題集を繰り返し行って問題の解き方に慣れてしまえば、問題を見ただけで「こういう解き方で解けばいいんだ」ということがすぐに分かるようになり、時間をかなり短縮することが出来るでしょう。
ですから、きちんと問題集をやりこむという基本的なことも大切です。

●ジャンルの違う問題を毎日こなすことが重要!

問題の解き方を身体にしみこませるためには、ジャンルの違う問題を毎日こなすようにしていきましょう。
SPIの非言語問題でも、確率なら確率、推論なら推論というように、日々違うジャンルのものに毎日触れていくことで、どんどん記憶に定着していきます。
ですから、解き方を完全に覚えるために、ちょっとの時間でも良いので、日々違うモノに触れていってください。

SPI試験で時間を有効に使うためには解き方が身体に染みつくように本番まで毎日勉強すること!

以上、SPIで時間を上手くを使うためのコツのご紹介でした。
SPIで時間をうまく使うためには、こうしたことをしっかりマスターしていく必要があるので、マスターするためにしっかり時間を使いましょう。SPIのために使った時間はかならず結果になって現れますから辛抱強く頑張りましょう!