SPI適性検査とは?その内容について | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPI適性検査とは?その内容について

SPI適性検査とは?その内容についてご紹介います。
SPI適性検査とは約200問の問題を解くことによって、その人の適性や行動パターンを読み解くテスト方法です。
企業の試験に広く採用され、入社の是非や、配属部署を決めるために重要な位置を占めており、結果が社員人生を大きく左右します。

SPI適性検査とは1,回答者の性格を読みとる

board-361516_640
SPI適性検査とは、自分が内向的な性格だと思うかなどの質問に、はい、いいえ、または〇×で答える等、単純な方式を取るのが一般的です。
一問一問は非常に単純な問題となっており、時間をかけずに進めることも可能です。
悩まないで進められる人の方が多いはずです。

~性格の偏りや職務への適性を見極めるツール~

しかし、質問の解答によって回答者の性格が読み取られるために注意が必要です。
例えば、一般的には、社交的で前向きな人間が好かれる傾向があります。
回答が内向的な方向や、後ろ向きな物に偏らないように注意が必要になります。
SPI適性検査とは性格の偏りや、職務への適性を見極めるのに使われているため、自分の短所やコンプレックを自覚している場合は、補うように回答を変える、正反対の解答を交えるなどすると、バランスが取れます。

SPI適性検査とは2,企業の特色に合わせた回答が可能

SPI適性検査とはどんな職務に向ているかを見極める意味があります。
例えば、設問の中には、体を動かす事やレジャーへの興味、感覚的な行動を好むか、論理的な思考を好むかをはかるような物もあります。
クリエイティブな現場では感覚的な強さが求められ、科学や統計、エンジニア業では論理的な思考が好まれると言った、業種や部署による違いもあります。

~目指す会社や部署に適性があることを意図的に示せる!~

そのため、前もって質問を知ることが出来れば、目指す会社や部署に適性があることを意図的に示せます。
SPI適性検査とは単純な質問の積み重ねで特性や性格を調べるもののため、違う会社でもどうしても似たような問題が出てきます。
心理学的な根拠が明確なものもあるため、何度も受ければ結果をある程度読めるようになってしまうのです。

SPI適性検査とは3,対策が簡単にできる

SPI適性検査とは人の適性や癖を知る為に最適な手段のため、多くの企業や団体で採用されています。
そのため、情報がいきわたる速度が速く、検査対策なども広く世に知られています。
適性検査の基本的な設問について解説するサイトも多く、例題とその回答によって得られる性格的な特性の因果関係を示したものも簡単に見つけることが出来ます。

~まずは企業が求めている人物像を把握しよう!~

そのため、インターネット上で事前に検査結果を知ることもできます。
企業側で用意した設問とは異なるため、大まかな傾向のみとなりますが、簡単に対策が出来るのは大きなメリットです。
また、希望する企業や職種で望まれる人物像などを調べ、検査結果に反映できるようになればさらに良い結果が出せます。
SPI適性検査とは事前の情報収集が大切なのです。

SPI適性検査とは事前の情報収集が重要!

以上SPI適性検査とは?その活用方法についてご紹介しました。
SPI適性検査とは自分の癖などを深く把握できる検査であり、就職などに大きな影響を与えます。
検査を採用している企業や自治体は多いため、対策を行えば大きなポイントを稼ぐことが出来ます。
試験前にネット経由などで一度は受け、結果をコントロールすることが大切なのです。