SPI-Uを確実に攻略するためのポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

SPI-Uを確実に攻略するためのポイント

SPI-Uを確実に攻略するための様々なポイントを見ていきましょう。
SPIというテストには様々な種類があるもので、転職者や大卒者、高卒者などで問題の形式や内容が違うのです。
ここでは特に、大卒採用向けのテストである「SPI-U」というテストに焦点を絞り、攻略のためのポイントを紹介していきます。

SPI-Uの攻略ポイント1,矛盾に注意!

wax-71192_960_720
SPI-Uというテストでは、性格試験の結果の中に、面接時のチェックポイントという欄があります。
ですから、性格試験で良い人物に見せようと自分を偽りすぎると、そこの面接時のチェックポイントという欄に、「本当はそういう人物ではない可能性が高いのでそこを見るように」という指示が書かれてしまう可能性が出てきます。
そうならないようにSPI-Uは正直に回答すると良いでしょう。

●正直に回答することで矛盾を防ぐ!

特に気をつけるべきは、矛盾です。SPI-U性格の試験では、おなじような問題がすごくたくさん出てきます。
ですからぼーっとしているとついつい矛盾が生じてきてしまうものなのです。しかしそれでは良くありません。間違いなくチェックポイントとされてしまうでしょう。矛盾しないためにも、出来るかぎり正直に答えていきましょう。

SPI-Uの攻略ポイント2,会社のカラーに合わせる

SPI-Uは出来る限り正直に回答することは確かに大切ですが、それをふまえつつも会社のカラーに合わせた回答をしていくということも大切です。
というのもSPI-Uでは、組織適応性というのがチェックされ、職場へのなじみやすさが見られてしまうのです。
それが低いと、人格面に不安が残るようになり、落とされる可能性も出てきてしまうでしょう。

●OB訪問などで企業のカラーを確認しよう!

ですからそうならないように、会社のカラーに合わせた回答をしていく必要があるのです。
その会社のカラーは、OB訪問や会社説明会等で確認しましょう。そうするとどうしても面接と差異が生じてしまいそうだというのであれば、それは仕方ないですが、そうでない限りは、正直にかつカラーに合わせて回答していきましょう。

SPI-Uの攻略ポイント3,非言語の対策に時間をかけよう

SPI-Uでは言語問題に比べて非言語問題の方が多く出ますし、非言語問題の方が重要視されているところがあります。
さらにシンプルに問題の難易度で見ていっても、言語に比べて非言語の方が時間をかけるべきだと言えるので、SPI-Uの対策では、非言語に時間をかけて対策していってください。

●非言語問題は数をこなして慣れることが重要!

非言語の問題は、時間をかけて勉強していけば、解き方を覚えられるようになっていき、上手く回答していけるようになります。
つまり、やればやるほど点数を高く出来る可能性が高いということです。
言語問題はそうはいきません。言語問題はセンスによるところもありますので、非言語に比べて点数が上がりにくいのです。
そういうこともあるので、SPI-Uの勉強は非言語に時間をかけた方が良いと言えます。

SPI-Uの勉強は非言語に時間をかけること!性格試験では矛盾が生じないよう注意!

以上、大卒採用向けのテスト「SPI-U」攻略のポイントのご紹介でした。
SPI-Uは、こうしたことを意識していけば攻略できるようになるでしょう。
油断しているとここで足元をすくわれてしまうということも当然ありえることなので、しっかり意識していってください。