TAL-SAのWEBテストに効果的な対策とは | 新卒就活.com

2015/11/10更新

TAL-SAのWEBテストに効果的な対策とは

TAL-SAとはWEBテストの一種であり、性格や特性を把握することに特化しているのが特徴です。
選択問題や、図形の貼り付け問題が中心で出題されますが、正解や不正解が無いものもあり、対策がとり辛いことでも有名です。
今回はそれでもTAL-SAの対策があるのか、詳しく探りたいと思います。

TAL-SAのWEBテスト対策1,数をこなす

keyboard-338510_640

TAL-SAは性格や特性を把握するためのWEBテストであり、明確な正解がないのもが特徴です。
あくまでわかるのは性格的な特性ですが、それを目安に企業が受験生をふるいにかけることから、合格する人は何故合格したかもわからずに一回で合格し、わからない人の場合は同じ試験で何度も落とされるといったこともあり得ます。
TAL-SAはその問題傾向から対策がとり辛いことでも知られていますが、実は対策があります。
対策はひたすら慣れることで、これに尽きます。

~回答時間をコントロールするためにも慣れることが重要!~

WEBテストの中でも全体で15分と制限時間が厳しく、1問あたりも20秒から30秒の制限時間がかけられているなど、回答を急がされるため、実はタイムコントロールの重要性も高くなっているのです。
このタイムコントロールが出来るかで、答えの精度を上げることが出来ます。

TAL-SAのWEBテスト対策2,焦らずに作業の正確性を高めること

正解のない質問が出るのがTAL-SAの特徴ですが、一方で問題自体には複数の選択肢を選ばなければならないものもあります。
正解こそないものの、指示を守れるかどうかも重要な評価のポイントになっているのです。
制限時間が厳しいため、設問をよく読まずに作業することや、焦って先に進もうとするとどうしてもミスが出る形になります。

~時間に急かされても焦らず確実に回答していくこと!~

TAL-SAの性格や適性をはかる診断には、制限時間の中で焦らずに正確な判断や作業が出来るかと言うストレスに対する耐性試験も含まれます
そのため、WEBテストの質問自体の正解がわからない場合でも、作業の正確性を高めることで評価をあげることが可能なのです。

WEBテストの数をこなして、タイムコントロール能力を磨くのが重要なのです。

TAL-SAのWEBテスト対策3,対策サイトを探す

TAL-SAをWEBテストとして導入すると言うことは、企業にとって性格や資質がそれだけ重要と言うことです。
ストレスに対する耐性も審査内容に入っていることからも、受かる、受からないで適職がわかると言う見方もあります。
とはいえ、そう簡単にあきらめたくない就職先がある場合、WEBテストで結果が左右されるのは納得がいかないと言う場合もあるはずです。

~独自研究によりTAL-SAの傾向や対策を開発している団体などを探すこと!~

そんな人のために、模試と言う形で過去の問題を受けられる場を提供する団体や、独自研究によりTAL-SAの傾向や対策を開発している団体もあるのです。
有料であることも多くなってしまいますが、具体的な情報や過去問題に触れられる可能性があります。
情報量が少ないため、インターネット検索を行ってもすぐには見つからないことも多いものですが、気になる場合は根気よく検索することが重要です。

TAL-SAのWEBテスト対策では時間のコントロールが必須!数をこなして慣れること!

対策が難しいTAL-SAですが、人物の特性を知ると言う意味では非常に有効なテストです。
WEBテストの合否が自分の適職診断に結びつく可能性もあります。
一方でどうしても受かりたいと言う人のために、独自研究を進めるサイト等もあり、結果を先読みすることも不可能ではなくなりつつあります。
その場合、自分の考えと違う回答であっても、迷いなく選択していくことが重要になります。