TG-WEBテストについて知っておくべきこと | 新卒就活.com

2015/11/05更新

TG-WEBテストについて知っておくべきこと

近年、新たに導入する企業が増えているのがTG-WEBテストです。
これはヒューマネージ社の作成したテストで、自宅受験型のテストとなっています。特徴は、難解な問題が多く発想力が問われることです。
一方、対策してコツを掴めば短時間の学習でも大きな効果をあげられるのもポイントです。

keyboard-361515_640
TG-WEBテストの特徴は、従来型のテストと同じ部分と、新たに導入されたテストの部分分けることが可能なのです。
従来型のテストであれば対策は比較的簡単であり、過去問題や別のテストで見たような問題が出てきます。
学校の試験の様な感覚で解ける人もいます。
新型の部分は難解な物が多く、問題の意図を読み取るまでに時間がかかってしまうことが多くなってしまいます。
また、出題数も多いため、一つの問題に手間取っているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

~出題数が多く時間配分が重要となる~

そのため、問題傾向をあらかじめ知り、対策を立てることが重要です。
TG-WEBテストはコツさえつかめば短時間でつかめるようになるため、事前の対策が最も重要と言えます。

TG-WEBテストは対策サイトが少ない

TG-WEBテストは多くの有力企業に採用されつつありますが、世間的な認知度は今一つ高くなってきていません。
一方で、マイクロソフト社等で採用されるケースなども出ているため、今後爆発的にシェアを伸ばす可能性もあります。
運用実績が長い会社がないため、過去の問題も集めづらく対策がしづらいのもTG-WEBテストを難解にしているポイントと言えます。

~単年に過去問を調べるか問題集を買って繰り返し解くのが有効な方法!~

ただ、過去に出た問題が少ないといことはそれだけ方向性が読みやすいと言うことでもあります。
そのため、単年に過去問を調べる、または問題集を買ってしまうのが合格の近道です。
無料で情報を掲載するサイトも少しずつ増えてきてはいます。ただし、対策が遅れないように早めに取り掛かる事も重要と言えます。

TG-WEBテストに性格検査も含まれる場合も

TG-WEBテストは計数や言語と言った一般問題だけでなく、性格などを調べるための心理系の問題も含まれたパートがあります。
このパートにどれだけ比重を置くかは企業によって異なり、多くのパターンがあるのです。
企業によっては性格テストを使った、大幅な振るい落としを行うので注意が必要です。

~TG-WEBテストの性格テストを分析している書籍を使うのも手~

企業側で何を基準にしているかが読みづらいので、ヤマをはるか、本心で答えるか、ある程度自分で選んで決めなければならなくなります。
そんな中、TG-WEBテストの性格テストなどを分析している書籍もあります。
研究をして出している所自体があまり多いとは言えませんが、対策を立てられるかどうかは大きな違いと言えます。

TG-WEBテストは出題パターンをつかむだけで正答率が大きく変わる!

TG-WEBテストは有力企業を中心に採用が進む新しいテストで、今後も採用が広まる可能性があります。
新しいテストですが、対策は徐々に進みつつあり、対策を公開するサイトも増えています。
問題のパターンを覚えるかどうかで正答率が大きく変わるテストが多く含まれるため、事前の準備が重要と言えます。