Uターン就職する意味とは?地元に戻って働く意義について | 新卒就活.com

2016/08/04更新

Uターン就職する意味とは?地元に戻って働く意義について

Uターン就職する意味とは?地元に戻って働く意義についてご紹介します。
Uターン就職をする新卒者が増えています。
理由は様々ですが、ワークスタイルの変化や、高齢化により家を継ぐため、介護のため、知己の活性化のためなど、それぞれに強い目的意識があることは共通しています。

Uターン就職する意味1,コミュニティを維持する

<

road-219974_640
Uターン就職は地方から首都圏の大学に学びに行き、再び地元に戻って就職することを意味します。
最初から地元に戻ることを前提に学生生活を送る人がいる一方、事情や心境の変化でUターン就職を決意する人が多いのも事実です。
特に近年は地方の過疎化や、高年齢化が進んでおり、危機意識から戻る人も少なくないのです。
意識が変化する際は様々ですが、近年で影響が一番大きかったものと言えば震災や豪雨などの自然災害です。

~近年の大規模な自然災害の影響で地元を復興したいという意識が強くなった~

地元の復興のためや家族を支えるために戻ろうとする人が急激に増えました。
また、祭りをはじめと文化行事も消滅の危機にある地区も多く、文化やコミュニティの継承としても大きな意味を持ちます。
居心地の良い故郷や、子供たちに豊かな郷土を残すために地元に戻る道を選択する人も多いのです。

Uターン就職する意味2,地方だからこそのチャンスがある

Uターン就職だけでなく、地元に戻って独立をする人や、非営利団体などを立ち上げる人も多くいます。
過疎化を逆手に取った新しいビジネスモデルの開発や、自治体の補助を受けての福祉事業などは今後注目を集める分野です。
本人が独立するだけでなく、地元の友人に誘われてそのままUターン就職するケースも多くあります。
地元の活性化と、社会貢献と言う意味で人を引き付ける力が強いのも確かです。

~地方だからこそできる起業やビジネスやなどに挑戦する若者が多い!~

また、インターネットの普及により、地方でも首都圏と同じように働けるような職種も増えています。
地方によっては独自のインターネット網を構築し、先進企業の誘致を進め成功している例もあるほどです。
地方だからこそできる起業やビジネスも存在し、非常に意味のある事なのです。

Uターン就職する意味3,受け入れる自治体の変化

Uターン就職は元々は、転職する形で利用されることが多い分野でした。
都市部で働いてから何らかの事情で地元に戻る人も多く、地方の人口減が目立つようになり大きく注目を集めたのです。
そのため、自治体によってはそれを受け止めるため政策や、補助制度に大きく舵を切ったところもあります。

~生活しやすい環境を整えている自治体が増えている!~

最たるものは子育てをする環境などで、現在は人口増や限界集落からの脱出をはたし、大きく話題を呼んでいる地域もあるのです。
子育てなどの環境が整っている意味は大きく、都会で不安を抱えながら家族で生活するよりも、地元で見知った人の顔を見ながら子育てできるのは何よりの安心に繋がります。
仕事だけでなく、結婚や子育てと言った面でも、Uターン就職は大きな意味を持っているのです。

Uターン就職をする意味とは働くことだけでなく人生のバランス考えること

Uターン就職が進む背景は、自然災害の影響や人口減の影響など様々ですが、一方で地方や地元の方が安心して子育てができ、両親の世話が見れると言う、キャリアだけでなく人生のバランスを考えて選ぶ人も多いのです。
出世や収入の増加よりも、自分の人生の質を重視する場合は、ワークスタイルやライフスタイルの変化と言う大きな意味を持つと言えます。