Uターン就職で内定を勝ち取るために必要な理由とは | 新卒就活.com

2016/09/09更新

Uターン就職で内定を勝ち取るために必要な理由とは

Uターン就職で内定を勝ち取るために必要な理由についてご紹介します。
一度は出た田舎に戻って就職するというのは、就活生の皆さんが想像しているよりも困難です。
企業の数が多い都心部ではなく、あえてUターン就職を希望する理由が一番重要になります。
Uターン就職に関する特徴を交えながら説明していきましょう。

Uターン就職を考える際に必要な心構え

countrygirl-349923_640

就職活動を行う場合、自分の出身地である地元にUターン就職を希望する人も少なからずいるでしょう。
Uターン就職を行う場合、都心部の就活とはまた違う厳しい現実に目を向ける必要がありますし、なぜUターン就職をしたいのかという理由も、就活では重油となってきます。

●ただ地元が好きなだけではダメ!Uターン就職をしたいという明確な理由が必要

ただ単に地元が好きなのでといったような理由では、まず生まれ育った地元といえども就活が成功することは有りません。
地元にUターン就職をしたいという明確な理由が必ず必要となります。
地元の企業が納得するような理由を考えることが出来るかどうかで、Uターン就職が成功するかどうかも大きく変わってくるでしょう。

Uターン就職の特徴について

Uターン就職を行う場合、地元の企業に就職を希望することになるわけですが、わざわざUターン就職を選ぶと言うことは、地元で何をやりたいのか、地元の企業で何を成し遂げたいのかといった理由付けが内定を貰えるかどうかのカギとなります。

●地元の横つながりが強い!外部からの就職を好まない傾向がある

本来地元の企業に就職するのは地元で生まれ育ってそこで生活している人がほとんどですから、一度離れた地元にUターンして就職すると言うことは非常に難しいと言えます。
特に郡部になればなるほど地元の横のつながりが強いため、外部からの就職をあまり好まないといった傾向が強くなります。
そのため都心部を離れてあえてUターン就職を行うわけですから、地元の企業が納得できるような理由が必要と言えます。
そのため地元の企業に自分が何を齎すことが出来るかも、重要となってきます。

Uターン就職する際はリサーチが必要不可欠

Uターン就職の理由として、自分の能力を地元の企業で活かしたい、スキルを活用して地元に還元したいと言うのも理由としては非常に良い理由だと言えます。
しかし自分の有するスキルや能力が、Uターン就職を希望する企業で役に立たない、必要ないと判断されれば、いくらか理由が立派であっても、優れたスキルを持っていても内定には結びつきません。

●自分のスキルや能力が活かせる企業を選択する必要がある!

その為Uターン就職を目指すのであれば自分のスキルや能力が活かせる地元の企業を選択する必要がありますし、事前にどのような企業でどういった人材が足りていないのかもリサーチを行う必要があると言えます。

Uターン就職する明確な理由が必要!都心部よりも厳しい環境を覚悟すること

Uターン就職を希望する理由がはっきりした場合、Uターン就職が都心部の就職よりも厳しいということも覚悟しなくてはいけません。
特にUターン就職の場合、場所が田舎や郡部だと街とは違い選べる企業も少ないですし、収入も確実に少なくなると言えます。

その為Uターン就職が自分にとって果たして本当に良いのか、それとも悪い選択なのかもしっかり考えて、Uターン就職の理由が自分自身で納得できる場合のみ、Uターン就職にチャレンジしたほうが良いと言えます。
Uターン就職活動に失敗した場合は次の就活先を見つけるのも困難となりますので、二重三重の策を用意してUターン就職を行う必要があるでしょう。