Uターン就職とは?そのメリット・デメリット | 新卒就活.com

2016/08/04更新

Uターン就職とは?そのメリット・デメリット

Uターン就職とは地方生まれの方が都会の学校に進学して卒業後に地元に戻り就職を行うことを指しています。
就職活動中の新卒生の中には都会に進学して、地元に帰って就職を希望する方も多いですからメリットとデメリットを知った上で活動を行う方が望ましいです。

Uターン就職の種類とは?

shoes-770420_640
都会から地元に帰ってきて就職するUターン就職には大きく分けると2種類あり、Uターン就職と転職があります。

・Uターン就職とは地方産まれが都会の学校を卒業して地元に帰ってきて就職すること
・Uターン転職とは地方産まれが都会の学校卒業後に都心で就職し、その後転職先に地元を選ぶこと

これらを地元への愛着があったり、家族を大事に思って選択するというパターンが多く、家業を継ぐ予定がある場合や、都心部で希望の就職先がなかったというともあります。

~都心部で得た経験を地元委還元してもたいたい企業は多い!~

地元での就職活動を行う場合には、都心部と比べると企業の数も少なく情報量も少ない傾向にありますが、企業側も都心部で得た経験や知識を地元に還元してもらいたいと考えている所も多いですから、就職活動でのアピールにおいて有利になる例が多いです。

Uターン就職するメリットとは?

Uターン就職のメリットとは、慣れ親しんだ土地で家族の近くで安心して働くことが出来るということが挙がりますが、もっと具体的な部分で言うと様々なメリットがあります。

・コスト負担を下げることが出来る
・通勤時の渋滞が少なく負担が小さい
・家族や友人が近くに居る精神的な安心感

もちろんこれらは勤務先の地方によって差はありますが、一般的に都心部で新卒が働くことになれば、家賃等の関係から勤務先から離れた場所で長時間かけて通う場合になりますし、家賃、光熱費、食費等のコスト負担の他にも、洗濯や掃除等の労力負担も大きくなります。

~金銭的な問題や精神面でも安心できる~

Uターン就職のメリットとは自宅から通える例も多く、生活費は減りますし、食事や選択等の負担も軽減させて、通勤時の渋滞やラッシュに巻き込まれるリスクも少なくなり、やはり小さい頃から育った土地に居る家族や仲間が近くに居ることによる精神的な安心感は大きいです。
給料が都心部より少なかったとしても、家賃負担等を考えれば金銭面で圧倒的に有利になります。

Uターン就職のデメリットとは

Uターン就職のデメリットとは、企業の選択肢が乏しく情報格差が激しいことや、通勤時に車が必要であったりと都心部と比べて不便な点が挙がります。

・企業の選択肢の乏しさや情報格差
・移動手段が少なく不便。車がないと生活出来ない地域も多い
・先端の娯楽に触れる機会が少ない

メリットが沢山あるUターン就職就職ですが、何事にもメリットがあればデメリットもあり、Uターン就職では地元での就職に成功する可能性が高いものの、どうしても業種の数も少なくて、自身の才能を活かせる企業を見つけることが難しい傾向にあります。

地方や職業によって大きな差があるとは言え、どうしても選択肢の狭さは圧倒的に都心部に劣ります。
ネット時代になって情報格差は減ってきてはいるものの、情報量を持った人間との出会いが少なく、自身のスキルや人生経験を広げる機会損失に繋がる可能性が高いデメリットは否めないです。

~自身のスキルや人生経験を広げる機会が少なくなる!~

都心は車移動しなくても、電車や徒歩で快適に暮らせる特徴がありますが、地方では車移動をしなければ勤務先だけではなく、娯楽施設や店舗に移動する事が難しい部分もあります。

Uターン就職とは金銭や精神面で安心できる一方でキャリアの幅が狭くなる

就職活動中の新卒生は、Uターン就職のメリットやデメリットとは何かを知った上で就職活動を行う事が結果的に利点を活かすことが出来ます。
両者のポイントを知った上で妥協点やこだわりたい点を整理しておくと、就職後の満足に直結します。
現在は地方の高齢化も進んでおり、若い力がUターン就職で帰って来ることは、地方活性化にも結び付くものです。