WEBテストの暗号問題対策とポイント | 新卒就活.com

2015/10/30更新

WEBテストの暗号問題対策とポイント

WEBテストの暗号問題対策とポイントについてご紹介します。
WEBテストを受けていると暗号問題が出てくることがあります。図形や文字の法則性を読み取り、結果を選択式で選ぶ形になりますが、コツがつかめないと全く分からず、時間の浪費につながりがちです。そんなテストのコツを伝授します。

WEBテストの暗号問題対策1,数をこなして慣れる

PAK85_coding15095904-thumb-815xauto-18356

WEBテストの暗号問題は特にエンジニア系の試験で重要視されており、問題点の洗い出しの能力と、変化を予測する能力をはかります。
一方で、教養の問題の中の一部として出ることもあり、こちらは発想の柔軟性をメインに測るようになっています。
実際にWEBテストを受けた人には良く分かりますが、突然記号の羅列が出てきて戸惑う人も多く、全くビジュアルで情報を処理した経験のない人間に難問として立ちふさがります。暗号問題を解くコツは、ひたすら数をこなすことです。

●出題パターンを把握することが重要!

理由は単純で、テストに多用される問題はパターンが似通っている場合が多いからです。慣れなうちは過去の問題の中から、図形と答えを見て、解き方を覚えた方が効率的に時間を使えます。

WEBテストの暗号問題対策2,性質を理解する

前述しましたが、暗号問題はエンジニア系の職種で重要視されており、点数や問題の比率が高い専門テストも存在します。
一方、あまりエンジニアリングと関係ない分野で問題が出る場合は重要性は低く、あくまでおまけ程度の感覚で出ることもあります。
自分がWEBテストを受ける際は、どういった性質を重要視するものか事前に知っておく必要があります。

一般教養系であれば後回しにして他分野の対策をすべし!

一般教養系であれば、軽く流す程度で選択肢は運を天に任せ、学習を放棄する方法もあります。
これは、その分を他の勉強に回した方が効率が良いと感じた場合です。
ただ、WEBテストの過去問題に触れる機会は多いため、他の問題のついでであっても暗号と答えの組わせを覚えておくと、ちょっとしたプラスになることもあります。

WEBテストの暗号問題対策3,全般を学んでバランスをとる

WEBテストは代表的なテスト形式があり、それぞれ過去問題を集積し、攻略のノウハウを蓄積している人間が数多くいます。
その情報は無料で公開されていることもあれば、有料の書籍などで購入しなければ触れられないこともあります。
暗号の配分比率が高いWEB-cabテストの過去問などは、エンジニア志望であれば必ず繰り返し勉強したいテストになります。
企業もメーカーに依頼を行ってWEBテストシステムを問題ごと導入していることが多いため、何の問題が出たかわかれば傾向や方向性も読みやすくなります。

●対策サイトや書籍を利用して数をこなそう!

実際に就職活動をした人からの情報は正確性が高く、信頼性も十分な情報と言えます。
テストの種類と過去問をこなし、暗号の癖を見抜きましょう。

WEBテストに出てくる暗号問題は数をこなして慣れることが重要!

WEBテストに出てくる暗号は数をこなせばコツがつかめるものであり、出てくる問題自体もテストの提供メーカーの癖や、シリーズの傾向があります。過去問題をこなすことで解くことも可能になっていきます。
目指す分野によっても重要性が変わるため、最初からわからないと絶望することはないのです。