WEBテストTALって何?概要と攻略するためのポイント3選 | 新卒就活.com

2017/09/08更新

WEBテストTALって何?概要と攻略するためのポイント3選

WEBテストTALの概要と攻略のためのポイントをご紹介します。
WEBテストというと、SPIのWEBテスト版であるWEBテスティングや、玉手箱などが思い浮かぶ方も多いかもしれませんが、中にはTALというWEBテストを採用している企業もあります。ここではそんなTALの概要と攻略方法を紹介していきます。

WEBテストのTALでは質問15分と図形の貼り付け5分が出題される

hierarchy-261985_640

まずはWEBテストTALの概要から紹介していきたいと思います。
WEBテストTALは、質問形式の問題15分と、図形の貼り付けの問題が5分ぶん出ます。
それで図ろうとしているのは全て性格面のことで、WEBテストTALの中には、知識を問うような問題は出てきません。

WEBテストのTALは受検者の性格を見極めるもの!

そういう意味ではTALは、WEBテストの中でも特に特別な対策が必要ないWEBテストであると言えるでしょう。
性格面では主に、ストレス耐性や、精神的な安定性を見ていると言われています。
そのほかにはもちろんコミュニケーション能力や、責任感などの他の性格テストでも図るようなところを図ろうとしてきます。
それが分かれば、WEBテストTALを攻略するためのポイントもおのずと見えてくるというものですね。以下ではTAL攻略のためのポイントを見ていきましょう。

面接では見えてこないところが見える

面接や選考書類で、性格などが問われる質問が多々ありますが、選考に通過するために嘘を書いてしまう人もいます。大半の人は、面接の場で嘘が見抜かれてしまうようですが、判断が付かない学生もいます。
そこで、学生がいっていることの真実を確かめるためにTALを利用する企業が多いです。

最新の脳科学を取り入れているので嘘を見破る

TALでは、最新の脳科学を取り入れています。そのため、嘘をついて回答すると、それが分かってしまします。
社会は信用で成り立っています。新入社員といえども信用できる人がやはり選考を通過していきます。つまり、TALで嘘があることが分かってしまうと、選考通過は厳しいということです。
素直に答えることが重要なので、虚偽はやめましょう。

【3年生必見!】就活で不安なことは何ですか?

PR

SPI対策をするのに自分の実力が分からない

Webテストの対策方法が分からない

「やりたい仕事が分からない、、、」

WEBテストのTAL攻略法1,指示に従う

city-10982_960_720

WEBテストTALの設問では、「回答を二つ選択せよ」という設問があります。
そういう設問に対してはきちんと指示に従うようにして回答を二つ選択するというのが、まず一つのTALの攻略ポイントと言えるでしょう。
というのも、回答を二つ選択せよとはあるのですが、「必ずしも二つ選択しなくても良い」という記載も見られるのが、WEBテストTALなのです。
ですから何も考えないでTALを受験すると、一つしか回答しない項目も出てくるでしょう。

コミュニケーション能力やストレス耐性をアピールするためには指示に従う方が無難

しかし意図の読めないTALではそれは良くありません。
コミュニケーション能力やストレス耐性をアピールするためには、きちんと指示には従った方が無難なのです。
ですから、どうしても自分に当てはまるようなことが一つ以上ないというのでもないかぎり、WEBテストTALの「二つ選んで回答しろ」というタイプの問題に関しては指示に従うようにしていってください。

WEBテストのTAL攻略法2,図形の貼り付けは精神の安定性を意識する

balance-398156_960_720

WEBテストTALの図形の貼り付けの問題に関しては、WEBテストTALの意図の中でも特に精神の安定性ということを意識して答えるようにするとポイントが高くなります。
たとえば精神的に不安定な人が描く絵にはどうしても不安定なよどみが現れるものですよね。
そのように、こうした図形的な描画では、精神性というのがそのまま表れたりするものなのです。

シンメトリーで安定性をアピールするように図形を動かすこと!

だからこそ上手く使えばきちんとした精神性であることを証明できる武器になるのです。
ぎちぎちに図形を埋め込んだり、図形をやたら回転させて使ったりせず、シンメトリーで安定性をアピールするように図形を動かしていけば、問題ないでしょう。間違ってもとx票しもない動かし方はしないようにしていってください。

WEBテストのTAL攻略法3,時間配分を間違えない

hourglass-1703330_960_720

先ほどもお伝えしましたが、15分という短い時間で36問解かなければなりません。これをもとに一問に割ける時間を計算すると、約20~30秒で回答しなければならないのです。
問題を解いている20秒は、ほんの一瞬です。20秒の半分は、問題文を読む時間になってしまいかねません。

考え込むのは禁止!直感で答えていく

ちょっとだけ考えて回答しようとすると、あっという間に時間が足りなくなってしまいます。全問答えるためには、考え込んではいけません。性格を診断するものなので、考え込んで回答するよりは、直感で回答する方が相応しいです。

WEBテストのTAL対策法としては指示に従った回答をすること!

geometry-1044090_960_720 (1)

以上、WEBテストTALの概要と攻略のためのポイントの紹介でした。
WEBテストTALは受検者性格を見極めるものです。
しっかりTALの意図をしり、その意図を意識しながら問題に回答していけば、決してやっかいなものではありません。
実際の本番のWEBテストではぜひここで学んだことを参考に、冷静に回答していってください。