WEB適性検査とは?就活生が知っておくべき基本情報 | 新卒就活.com

2015/11/17更新

WEB適性検査とは?就活生が知っておくべき基本情報

WEB適性検査とは?就活生が知っておくべき基本情報をご紹介します。
就職活動を進めるうちに出会うものが適性検査というものです。 
これはペーパーテスト以外にもネット上で行うWEB適性検査があります。 
WEB適性検査とは一体どのようなものなのでしょう。 
 

WEB適性検査とは何か??

nature-957662_640
人事が採用をするときには何か指針が必要になります。 
その会社の筆記試験や面接と言うのはそのためにあるのですが、それだけでは不十分な要素があります。 
それは一般教養と性格がその会社に適っているかどうか、です。 
こういった参考資料として適性検査は存在します。 
 
適性検査とは用語自体が一人歩きしてしまい、そのジャンルは多岐に渡ります。 
国語や数学の基礎的問題から一般常識、果ては性格の傾向と行ったものまでこれに含まれるようになりました。 
その原因は専門的な適性検査作成会社から、会社独自の適性検査まで幅広く実施されているためです。 

~WEB適性検査とは自宅で受検することが可能な試験!~

この一つにWEB適正検査というものがあります。 
WEB適性検査とはその名の通りWEB上で適性検査を行うということです。 
これは受験者の自宅でも行うことができるので、実施コストが安く済む方法となります。 
そのため、近年ではWEB適性検査を実施する企業は増えているのです。 
 

WEB適性検査は基礎学力をはかるもの

WEB適性検査では先に述べたようにジャンルが広いので様々なことが出題されます。 
もし企業が独自に作成したテストであるなら、それはその企業しか出題内容は分からないでしょう。 
しかし一般的なジャンルについてある程度絞ることはできます。 
それを見て行きましょう。 

~国語・数学・常識問題から出題される~

学力検査とは基礎的な知識を問われるものです。 
これはそのテストによりますが、大まかに分けると国語、数学、論理あたりが必須で、他に図形や英語、さらには常識が加わります。 
国語と数学と常識、と考えればまず間違いないでしょう。 
(常識とは一般常識のことを指し、慣用句やことわざなどが出題されるものです) 
いずれも専門的な知識は問われることはなく、基本的な学力に関する出題となります。 
WEB適正検査では他に、性格についても検査します。 
 
 

WEB適性検査には性格テストもある

WEB適性検査とはその名の通り適正を検査するものなので、学力の他に性格についても検査することになります。 
性格を検査するということはあやふやでイメージしにくいことでしょう。 
この検査について見ていきます。 
 
性格の検査とは、目に見えない性格と言う要素を形にする作業です。 
具体的には、性格、ストレスへの耐性、客観性といったものが分かるようになります。 
もし自分が人事であったら、こういった情報は欲しいでしょう。 

~採用だけでなく配属部署なども割り振れる!~

これらは適した部署へ適した人材を配置するために非常に有効な情報です。 
こういったことを検査するのがWEB適正検査なのです。 
ここで意識的な対策を行うと、自身が無理をする部署へ配属されてしまうかもしれせん。 
対策は学力だけを行うようにして、性格検査は正直に答えましょう。 
 
 

WEB適性検査とは自宅で受験することができる!素直に回答することが望ましい

WEB適性検査とは、適性検査の一つの形です。 
ペーパーテストよりも実施者、受験者の負担が少ないため近年広まっています。適性検査では基礎的学力と性格を検査します。 
性格検査の結果によっては自分に合った部署に配属してくれるかもしれません。 
対策は学力だけにして、性格検査は正直に答えましょう。